No.132 特別区民税の減免について

。乾據璽検‘段牟萍雲任亡慙△靴道任Α
特別区民税現年課税分の徴収区分について、普通徴収、給与特別徴収とあるが、どのような違いがあるのか伺います。
 また、この徴収区分の違いにより徴収率にどのように影響するのか。

各地でさまざまな災害が発生している。台風15号の爪痕は現在も大変厳しい状況だ。
地球温暖化に起因する
 深刻な財産被害が発生している。
 こういう中で、災害による特別区民税の減免実績は練馬区でどの位あるのか。

ところで減免は区長の行政処分によって納税義務を消滅させるものだ。
最初に税の減免意義について教えていただきたい。
 また、減免規定は、高度に、狭義に、厳格に適用・解釈されなければならない。
減免規定の適用・解釈の基本はどのようなことか教えていただきたい。

の馬区では、昭和54年3月31日に練馬区特別区民税減免処理要綱が策定されている。災害による減免の対象者はどのようになっているか。

ゾ仮綽賛紊慮彩版定はどのように行うのか。

ν弭砲梁茖珪鬚任蓮崑膕弌台風、地震その他の事由により広範囲にわたる災害が発生した場合は、その都度区長が定める基準により減免することができる」と規定しているが、なぜこのように水害と別枠で規定しているのか。

Ш匈欧起きてから減免基準を決定するということだが、発災直後に規定することは、現実的には無理がある。非常時に混乱を起こすことになるのではないか。

┐海里茲Δ並昭治体の取り組みがある。
減免基準だが、家の損壊では、住宅や家財の全焼・流出・埋没では100%減免、また倒壊の場合、倒壊に準ずる場合、半焼半壊の場合、一部破損の場合とそれぞれ適用を細分化している。また水没では、床上50冖に、床上50僂ら1m未満、床上1mから1.5m未満、床上1.5m以上としている。また床下浸水でも塩水、重油、土砂の流入の場合は15%の適用としている。また風雨等による屋根の損壊では、屋根の全部損壊と屋根の半分程度の損壊に細やかに分けている。
 区民から見てわかりやすい。丁寧だ。
私は、実行性のある減免規定を再整備していただきたいと考える。区のお考えをお聞きしたい。

形式的には、国民の財産権保障の例外として課税規定が位置付けられることから、その課税規定の例外といえる減免規定は例外中の例外という位置づけであると考えます。その上で区としても再整備をよろしくお願いしたいと思います。
また、区民税等の減免制度については、よく知られていない。また機会もあまりない。区民に対する周知をしっかり行ってほしい。要望して終わります。


( 平成31年 第 回定例会 )

Copyright (C) 2004-2019 うすい民男 All Rights Reserved